エラ削りでスッキリとしたシャープな輪郭になりました。

あだ名は「ベース」

あだ名は「ベース」実績のあるドクターに手術を依頼平均が一番、嫌な個性とはオサラバ

ずっとエラが張ったベース型の自分の顔が嫌でした。
友達と写真を撮る時も、少しでもエラが目立たないように、顔が小さく見えるようにと髪の毛で必死でエラを隠していました。
ただ自分の必死の努力も虚しく、周りからは「顔が四角い子」と認識されていたようで、たまに男子から「ベース」と嫌なあだ名で呼ばれた事もありました。
何とかこの顔を変えたいとダイエットに励んだ事もありますが、エラは骨が原因なので顔が痩せても意味がありません。
逆に痩せた分、エラが目立つようになってしまい、どうしたらこの悩みから解放されるのかとずっと苦しい思いをしていました。
そんな私がエラ削りを決断したのは、ある方のブログがきっかけです。
手術を受ける前は私と全く同じような顔の形で親近感がわきましたが、手術後は驚くほど顔の形がスッキリとしていてエラも見当たりません。
「こんなに変われるのならぜひ自分も受けてみたい」と思い、早速地元でも有名な美容クリニックにカウンセリングを受けにいきました。
カウンセリングを担当して下さったドクターはエラ削りでも多くの実績を持ち、その技術には自信を持っておられました。

すっとコンプレックスだった頬骨の整形を受けた話

私の小さい頃からの悩みは、頬骨が張っているというものでした。その顔のせいでかわいいと言われたことがなく、すっとコンプレックスでした。親には顔のことで悩んでいると知られてしまうと傷付けてしまうのではないかと思い、誰にも悩みを打ち明けることはできずにいました。
社会人として働き始めても自分の容姿に自信を持つことができず、何事にも積極的になることができませんでした。
いつまでもこのままではいけないと思い、新しい自分に生まれ変わるために勇気を出して整形を受けることを決意したのです。
どのクリニックで施術を受けるのかを口コミなどを参考にした結果、評判の良い1つのクリニックを見つけることができました。カウンセリングを受けたところ、担当してくれたドクターがとても親切にしてくれて、施術に関して丁寧な説明をしてもらい、ここなら安心して施術を受けることができると実感しました。
私が受けた施術方法はアーチインフラクチャー法というもので、頬骨の自然なカーブを活かしたままで頬骨を内側へ移動させることができるというものでした。傷が目立つことが心配でしたが、口腔内や耳前部という目立ちにくい場所を切開するということで、ドクターを信頼して任せることができました。

エラ削り | エラ削り輪郭